検索結果表示をシュミレーション
「ユーザーからはどう見える?」をチェック

Google検索結果シミュレーターは、あなたのWebページがGoogleの検索結果で「どのように表示されるか」を確認するためのツールです。このツールを使って効果的なタイトルと説明文を設定し、ユーザーから「選ばれる」Webページにしていきましょう。

Character: 0
Character: 0
  • すべて
  • ニュース
  • 画像
  • ショッピング
  • 地図
  • もっと見る
  • 検索ツール
約 9,999 件 (0.01秒)
title
web-trickster.com/
description
Copy to clipboard
Copy to clipboard
title
web-trickster.com/
description
Copy to clipboard
Copy to clipboard

※実際の検索結果では、様々な条件で表示される文字数が変わる為、シミュレーションの結果が異なる場合がございます。
※IEではCSVをダウンロードすることができません。

最近の更新履歴

ツール説明などを追加・修正しました。
スマホ用の確認ができるようになりました
Googleの仕様変更にあわせて description の推奨を変更しました
ユーザーの「どのWebページをクリックするか」の判断基準

Webページのタイトルは「Webページのテーマ」、メタディスクリプションは「Webページの説明文」にあたります。Googleで何かを検索したときに結果ページにずらりと並ぶのがこのタイトルとディスクリプションであり、ユーザーの「どのWebページをクリックするか」の判断基準となります。

Webページが「より見られる」ために必要不可欠

また、検索結果の表示順位を決めるGoogleの検索エンジンも、タイトルとディスクリプションを内容把握の一助としています。そうしたことからタイトルとディスクリプションでWebページの内容をわかりやすく正確に伝えることは、Webページが「より見られる」ために必要不可欠だといえるでしょう。

ユーザや検索エンジンから「役にたつ」と判断され「より見られる」ためには、どのようなタイトルとディスクリプションを設定すればよいのでしょうか?

当社トリックスターのWebページを例にあげ、OK例とNG例を見てみましょう。
例)ターゲット:「Webぺージ制作会社をさがしている大阪の会社」 伝えたいこと:「Webページ制作ならトリックスター」

上記のOK例から、タイトルやディスクリプションに特別な言葉や言い回しが使われているわけではないことがおわかりいただけるでしょうか? 「より見られる」Webページのタイトルとディスクリプションとは、「検索ワードとWebページに書かれている内容が一致している」のにすぎないのです。けれどもそれができていないために「より見られる」機会を逃しているWebページは少なくありません。「書かれている内容をわかりやすく正確に伝える」にはポイントがあります。まずは以下の3つをおさえ、選ばれるWebページにしていきましょう。
タイトル・ディスクリプション作成における
3つのPOINT

Google検索結果シミュレーターではポイント①③についてチェックすることができます。現在使用中または考案中のタイトルとディスクリプションを挿入し、「ユーザーからはどう見えるのか?」の確認にご活用ください。

  • POINT1
    01
    タイトルやディスクリプションに検索した言葉が含まれており、かつ文章のはじめに出てくること
  • POINT2
    02
    「何が記載されているのか」
    わかるものであること
  • POINT3
    03
    文字量をはじめ「読みやすい」
    表記になっていること
私たちトリックスターではWebサイト/Webページのチェックやアドバイスもおこなっています。
専門的な知識に基づきお客様にとって最適なご提案をさせていただきますのでお気軽にご相談ください。
エンジニア募集エンジニア募集