「あれ? データがとれてない…」とならないように
意外に多い「解析タグの設置モレ」を2分でチェック!

HTMLタグチェッカーは、タグの設置状況を確認できるツールです。WebサイトのURLとタグを指定するだけで「指定したタグが含まれているか」「タグはどのような設定になっているか」といった情報が一覧で表示されます。Googleアナリティクスでデータが取れない原因として意外に多いのが「そもそも解析タグを貼って(設置して)いない」というケースです。新しいホームページのリリース前に、大規模改修の後に、このツールで状況確認をおこない設置モレを防ぎましょう。
(最大ページ数:50)

(例:http://yourwebsite.com/ )

タグの指定

※ 動的サイトなどで、Googleanalytics が php で生成されている場合は検出されません
※ Googleanalytics が別ファイルに記載されている場合は検出されない場合があります

キーワードを入力してください
(例1: < link ... canonical ... > )
(例2: < meta ... noindex ... > )
(例3: < script ... src ... > )
(例4: < footer ... > )
(例5: < !-- ... test001 ... > )

※ タグ名(最初のキーワード)は必須です
※ キーワードに記号は入力できません
※ 検出されるのはタグ自身です。タグに囲まれた部分は検出されません
※ 動的サイトなどで、タグ が php で生成されている場合は検出されません
※ タグが別ファイルに記載されている場合は検出されません
※ タグ名に『!』が含まれる時、コメントの検索とみなされます。それ以外の記号をタグ名として使用することはできません。
※ 検索結果の半角記号は全角で表示される場合があります。

  • <
  • ...
  • ... >

認証が必要な場合に入力します。

account : password :

フィルター


※指定例のように「-test1-」と入力すると URLに文字列「test1」を含むリンク先のみを対象とします。
※指定は100文字以内の正規表現で行ってください。
※限定から外れたページは、(topページ以外は)そのリンク先もチェックされないことにご注意ください。

※指定例のように「-test2-」と入力すると URLに文字列「test2」を含むリンク先は対象外とします。
※指定は100文字以内の正規表現で行ってください。
※除外されたページは、(topページ以外は)そのリンク先もチェックされないことにご注意ください。

その他の指定例はこちら...

最近の更新履歴

ツール説明などを追加・修正しました。
2つ目のキーワードによる絞り込みに失敗していたケースがあったので対応しました。
検索結果の半角記号のうち、 『<』『>』『'』『"』を全角で表示するようにしました。
コメントの検索を可能にしました。(タグ名に『!』が含まれる時、コメントの検索とみなされます。)
拡張子 cgi, aspx のURL について、そのリンク先が正しく解釈できていない場合があったので修正しました。
リダイレクト先がルート相対パスの時、正しく解釈できていない場合があったので修正しました。
無限ループの検出ルールを調整しました。
警告表示他を調整しました。
URLとタグのチェック
指定HTML存在確認チェッカーとは

HTMLタグチェッカーは、タグの設置状況を確認できるツールです。WebサイトのURLとタグを指定するだけで「指定したタグが含まれているか」「タグはどのような設定になっているか」といった情報が一覧で表示されます。

アナリティクス解析
指定HTML存在確認チェッカー活用法

用途としては特に「Googleアナリティクスの設置状況の確認」があげられますが、タグの指定に制限がないため「任意の識別コードを出力してCMSの管理ページを洗い出す」といったことも可能です。

タグミス防止
本ツールを利用するタイミング

どれだけ技術が進んでも、人の手によって操作がおこなわれる限り見落としなどのミスはまぬがれません。「タグをそもそも貼っていない」といった初歩的なミスを防ぐため、ホームページのリリースやリニューアルの際には、HTMLタグチェッカーで設置状況を確認しましょう。

私たちトリックスターではWebサイト/Webページのチェックやアドバイスもおこなっています。
専門的な知識に基づきお客様にとって最適なご提案をさせていただきますのでお気軽にご相談ください。
エンジニア募集エンジニア募集