サイトマップと実際の見え方は一致してる?
「うっかり非表示」などを洗い出しサイトマップを正確に

サイトマップエラーチェッカーはサイトを構成する各Webページの閲覧状態を確認するためのツールです。各Webページの実際の見え方を一覧化することで、「表示されていると思っていたWebページが実際は表示されていなかった」などというような「サイトマップと実際とのズレ」を洗い出すことができます。検索結果の表示順位を決めるGoogleの検索エンジンは、サイトマップと実際が異なると「十分に管理されていない」と判断し評価を下げることがあります。実際のサイトとサイトマップが一致しているかどうか定期的に確認し、表示順位の思わぬ低下を防ぎましょう。

NO loc lastmod changefreq priority STATUS
NO loc lastmod changefreq priority STATUS

最近の更新履歴

ツール説明などを追加・修正しました。
コードの数字で「ユーザーからどのように見えているか」を表示

サイトマップエラーチェッカーはサイトを構成する各Webページの閲覧状態を確認するためのツールです。コンピューター同士がやりとりする「ステータスコード」を抜き出して一覧化し、「200=問題なく表示されている」、「404=ページが見当たらず表示できない」というようにコードの数字で「ユーザーからどのように見えているか」を示します。

実際の状態にズレがないように定期的にチェックを

検索結果の表示順位を決める検索エンジンは「ユーザーの期待にこたえるWebページ」を評価し、上位に表示します。「サイトマップには表示と記載があるが、実際は表示されない」というような状態がみられると「十分な管理がされていない」と判断し、低評価を下す可能性があります。検索エンジン用の「xml形式のサイトマップ」の記載と実際の状態にズレがないように定期的にチェックをおこない、SEOのモレをなくしましょう。

私たちトリックスターではWebサイト/Webページのチェックやアドバイスもおこなっています。
専門的な知識に基づきお客様にとって最適なご提案をさせていただきますのでお気軽にご相談ください。
エンジニア募集エンジニア募集