画像の代替テキストである「画像のALT」を一覧表示
定期的なチェックで隙のないSEO対策を

画像ALT(オルト)チェッカーは、画像の代替テキストである「画像のALT」設定を確認するためのツールです。Webページに掲載されている画像と「その画像のALT」を抜き出して一覧で表示するため、見比べての確認が簡単にできます。定期的なチェックで画像の差し替え時に起こりがちな「画像のALTの設定モレ」をなくし、SEO対策のとりこぼしを防ぎましょう。

(例:http://yourwebsite.com/ )

認証が必要な場合に入力します。

account : password :

フィルター


※指定例のように「-test1-」と入力すると URLに文字列「test1」を含むリンク先のみを対象とします。
※指定は100文字以内の正規表現で行ってください。
※限定から外れたページは、(topページ以外は)そのリンク先もチェックされないことにご注意ください。

※指定例のように「-test2-」と入力すると URLに文字列「test2」を含むリンク先は対象外とします。
※指定は100文字以内の正規表現で行ってください。
※除外されたページは、(topページ以外は)そのリンク先もチェックされないことにご注意ください。

その他の指定例はこちら...

最近の更新履歴

ツール説明などを追加・修正しました。
画像検出のための属性として data-img, data-src を追加しました。
無限ループの検出ルールを調整しました。
警告表示他を調整しました。
画像ALT
画像ALTとは

「画像のALT」とはWebページの各画像に設定された「画像の中身をわかりやすく説明するテキスト」です。ユーザーが何らかの理由で画像を見ることができない場合、画像にかわってその内容を伝えます。また、検索結果の表示順位を決めるGoogleの検索エンジンにも、画像のALTで画像の内容を知らせています。

SEO対策
画像ALT設定のメリット

検索エンジンは「ユーザーにとって有用な情報を提供する」ことを第一としているため、画像の中に役立つ情報があれば、画像そのものや画像のあるページを表示しようとします。つまり、画像のALTを正しく設定すれば表示されるチャンスが増え、SEOにも影響するのです。

画像とALT
画像ALTチェッカーの活用法

画像ALTチェッカーは、実際の画像と画像のALTを並べて表示するので、記載内容の確認や改善が簡単にできます。画像の差し替えをくり返すうちに「うっかり設定モレ」ということがあるかもしれません。このツールで定期的にチェックをおこない、隙のないSEO対策をおこないましょう。

私たちトリックスターではWebサイト/Webページのチェックやアドバイスもおこなっています。
専門的な知識に基づきお客様にとって最適なご提案をさせていただきますのでお気軽にご相談ください。
エンジニア募集エンジニア募集